スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷりんの咳とアレルギー検査

ほとんど文章ですが、記録のために残しておきます。

ぷりんは、いつのころからか、咳なのか、なんなのかはっきりしない症状が出てきました。
テンション上がった時に咳き込むのか? いや朝キャリーから出した時でもそういう症状出るしなあ。
でもね、抱っこするとその症状はとまるんですよねぇ、なぜか。

気道が狭くなっていわゆる気管虚脱になっているのか?
心臓に何か不具合が出てきたのか?
歯が奥歯1本しか残っていないことで、呼吸に何か支障があるのか?
歯がないことで、フードを上手に食べられず舌を使って飲み込む感じなので、それが気管にも
何かしら影響を与えているのか?とか。
いろいろと考えられることを素人判断でずっと思っていたのです。

病院では、お迎え当初から通院ごとに聴診器あてて心臓の音をチェックしてくれていて、特に異常なしでした。

先生に、咳き込んでる時の動画を見てもらったら、「咳ですね」と言われ、
以前、ポン太の腎臓病疑惑の記事でちらっと書いたのだけど、ぷりんのこの咳込むような症状を
とっても嫌がるポン太。 この症状が始まったら、落ち着きがなくなって隅っこの方に避難したり、
私達の方に助けを求めてきたりします(抱っこ)。
これが、ストレスになっていて、多飲多尿の一因なのでは?ということもあって、
一度、レントゲン撮ってみましょう、となって、8月末のことでしたが、診察してもらいました。
このころ、今まで以上に咳込みがあったんです。

聴診器での診察は、今まで通り異常なし。
いざ、レントゲン撮影のため、しばし私達は待合室で待機。
結果は、気管虚脱の症状はほぼないとのこと。
奥の方に少~し狭いところがあるけど、これぐらいでは症状は出ないとのこと。

原因がはっきりしないけど、炎症が起きているから咳が出るんだろうということで、
とりあえず炎症止めのお薬を1週間分ほど飲んでみて様子を見ることになりました。

あとは、アレルギー体質なのかも?という説明もありました。
大がかりな検査で、さらに突き詰めることも可能だけど、設備がないので他院を紹介させてもらうことになるとのこと。

お薬を飲みだして、ひどい咳き込みがおさまって、ほとんど咳き込む症状がなくなりました。
ぷりんも、余計な体力消耗しなくて、よかった。

アレルギー疑惑。
以前、ポン太、チョコにも調べた体毛でアレルギー検査をすることにしました。
ぷりんのフードは、チキンがメインのもの。
あとは、おやつとしてあげているものは、ポン太、チョコにビーフ、チキンベースのものをあげていないので、
同じように、それ以外の鹿肉とか、馬肉とか、マグロとか、低カロリーのボーロとかをあげてきました。
もしかしたら、チキンがだめなのかも?と思ったのです。

で、出た結果は、
20160918.jpg

チキンは全く問題なしでした、ほっ。
ポン太、チョコ同様、ビーフはあげてなくてよかった。
小麦、トマトが-2というのがちょっと気になるところだけど、あげすぎなければ大丈夫かな。
ということで、フード類の問題は大丈夫。

環境面でのチェックまではなあ・・・
確かに、新しく引っ越してきたマンションは、1階ということや気密性が弱いということもあって、
湿気もかなり強く、カビも生えやすい。 飼い主もこの点はかなり気になっているので、
24時間、しかも私達よりも下の床部分で生活しているポメズにはなおのこと影響があるんだろうなあ。

その後、8月のころのひどい咳き込みはないので、季節の問題なのかもしれないけれど。
またあまりにもひどい症状が出てきたりしたら、対応を含め考えたいと思う。

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

FC2Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト
Category: 病気、病院

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/10 (Mon) 12:04 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。