スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腎臓病検査(SDMA)の結果

前の記事からずいぶん間があいてしまいましたが。。。^^;
ポン太の腎臓病疑惑の解明のために、新しい検査方法で調べてもらった結果は、
前の記事の後、先生からお電話をもらい、すっきりしました!

留守電のメッセージは、「腎臓病ではありませんでした」というもの。
このメッセージで、ほっと一安心の飼い主。
詳しいことは、次回の来院時にお聞きしようと、先週末病院に行くまでわからなかったので、
今頃の記事となりました^^;

20160725.jpg
画像が悪いけど、こちらが今回受けたSDMA検査の結果です。
参考基準値が0~14に対して、ポン太は、 でした。

腎臓に何か異常があるという疑惑は、払拭されました。
他の病気の疑いもまずないし、やはり心因性のものではないか?という結論に至りました。
確かに、めちゃ神経質なところがあるポン太だからね。

ストレスによってホルモン異常をきたして、多飲になることがあるんだそうです。
多飲→多尿→尿の濃度が薄くなる ということか。

どうしても、さらに確認するとなったら、半日ぐらい絶飲させて、濃い尿で検査をするという方法もあるけど、
自宅では無理だろうから、一晩病院で預かって、翌朝検査をするという形になる、と説明を受けましたが、
先生もそこまでして調べなくてもポン太の場合は大丈夫でしょうとのこと。
検査するまでの状況もかわいそうだからね。
今後は、年に一度のペットドック受診で、様子を見ていきます。

ということで、今ポン太が食べている腎臓病の療法食フードは、もうあげなくてもよくなりました。
それまであげていたアレルギー対応フード(鹿肉&さつまいま)に切り替えつつ、使い切ることにします。

ポン太が心因性による多飲の原因のひとつだろうと思われる要素は、飼い主として思い当たるんです。
これは、調べて、経過を見ないと今は何とも言えないのだけど、近いうちに調べたいと思います。

****************************************

以前、記事にしたピュアクリスタルのサークル取り付けタイプのその後。
こんな感じで設置してます。
容量が少ないからあっという間にお水がなくなりますが^^;
最初のうちは、なかなか使ってくれなかったポン太でしたが、だんだん慣れてきたのか使い始めてくれました。
前のタイプもまだ置いていたから使っていたけど、撤去しました。
チョコは、全く抵抗なく使ってくれてました。 こういうところ、犬それぞれですねぇ。
若干、低くなったから、ぷりんも飲んでくれるかなと期待してたんだけど、うーん、なかなか飲んでくれません(-.-)
相変わらず、朝晩のフードにお水をなみなみ入れて、それをフード食べたさにぐびぐび飲んで、
フードを食べだします。


なんだか情けないお顔のポン太になってますが^^;

20160702-1.jpg

スポンサーサイト
Category: 病気、病院

ポン太の健康診断(ペットドック)

7月に突入~。 もう今年の半分が過ぎ去ったということですねぇ(-.-)
ひっさびさの快晴&週末が重なりました! しかし、7月下旬並みの暑さになってる~(>_<)
昨日はまず朝から、洗濯機フル回転です!!
今日も、洗濯三昧!!

昨日は、昼一でポン太のトリミングだったので、その合間にささっとお買い物をしたけれど、
外はほんと暑かった~(>_<)

*************************************

さて、タイトルにあるように、6月25日の土曜日に、ポン太は、ペットドックを受けました。
6歳から受け始めたペットドックも、今年で3回目になります。
お誕生月に受けると決めたので、忘れずにすみます。

去年のペットドックでちょっと気になる項目が見つかって、年末ごろまで定期的に尿検査を
していました。
尿の比重が低い=尿が薄い のです。 
ペットドックの検査項目では、腎臓に関する他の項目は全く問題なかったので、
腎臓病のごくごく初期段階か?という所見でした。
で、もうちょっと詳しくはっきりさせるために、外部の検査機関に出してもらうことになり、
2日後ぐらいに、腎臓病と確定するには微妙なところというような結果でした。
摂取した際の尿が、毎回薄かったから、あと考えられるのは心因性のものもあるとのこと。

ペットドック後、念のため腎臓病の療法食フードに切り替えてきたポン太。
年末に検査した結果は、平常値になっていました。
このときの尿は、かなり色も濃いかったからね。
先生からは、今までのフードに戻してもいいですよ、と言ってもらえたのですが、
なんとなく今年になっても、療法食フードをメインに食べてきたポン太です。
おやつとかのときにあげるフードは、ベニソン(鹿肉)主体のアレルギー対策フードでした。

そして、一年後のドックを迎えました。
結果は、やはり比重が低い・・・
朝一のトイレ以降、ずっと抱っこでトイレもお水も飲ませず連れて行ったから、濃いおちっこをしてくれると
思っていたんだけどなあ。
20160625pontadock1.jpg
今回も、他の数値は問題ないということで、
去年同様に、再度外部機関に出して、比較してもらうか、
それか、新しい腎臓病に関する検査方法ができたらしく、今までのよりもはっきりさせることが
できるらしいと説明を受ける。
費用的には、従来(去年)の倍で、6,000円。
どうしようか悩んだけれど、パパさんが新しい検査方法で調べてみようと言ってくれたので、お願いすることに。
7月3日現在まだ結果がわからないのだけど、明日あたり電話くるかなあ・・・

検査項目全体の表は、こちら。
20160625pontadock.jpg

レントゲンやエコーの画像も見せていただきながら、説明を受けました。
気管、心臓も問題ないとのこと。
ただ、先生が去年も感じたけど、ポン太の腎臓は他のワンコよりもちょっと小さいんだそう。
他のワンコなら、肋骨から下に影が映るのだけど、ポン太の場合、肋骨部分に隠れて
全体が映らないんだって。

あと気になる点が、
先生 「ポンちゃん、足を痛がることはないですか?」
ママさん 「膝が悪化してますか?」
先生 「いや、股関節なんですよね」
パパさん 「たまに、足をあげたり、足が滑ったりしてるときがあります」
先生 「左の股関節が変形してきてるんですよね」

去年の画像と並べてくれて、去年も若干変形が見られたけれど、今年はさらに明らかに変形
してきてるとのこと。 私達でも比較して違いがはっきりわかりました。

これが年齢によるものなのか、日ごろの負荷がかかったものなのかは何とも言えないけれど、
無理な運動は今後は控えた方がいいでしょう、とのことでした。
段差のあるところから飛び降りたりしないとか、ドッグランでも無理をしないとか。
全く運動しないというのはかえって問題だから、適度に!ということでした。

ということで、ポン太は、今までちょこっとでもアジリティをしたりすることもあったけど、
今後はさせないことにしました。
あとは、幼稚園もしばらく様子見で休園に。(チョコはストレス発散に行かせます!)
ポン太は幼稚園にあるソファにすぐ登るし、降りるときに勢いよく飛び降りるから(-.-)
以前から膝とかによくないとは思ってはいたんだけど、たまにだからと黙認してたんだけどねぇ。

8歳、いろいろと出てくるんだね、しかたないかな・・・
無理をさせず、でも適度の運動をさせて、この一年も元気に過ごそうね。

そんなこんなのポン太8歳のペットドックでした。

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ 人気ブログランキングへ
3匹分のノミダニフィラリア予防薬も入れて、諭吉さん4人が私の手から離れて行った~(>_<)


**おまけ画像**
20160628cd.jpg
先日ポチッとしたCD3枚。 二胡音楽。
少し前に近くのお気に入りの中華料理屋さんで流れていた音楽がとっても心地よくて、
確かこれは二胡のだなと。 以前テレビか何かで耳にした二胡の音色がいい感じだなと
思っていたのだけど、お店で流れていたのが日本の曲を演奏しているもので、
なおのこと親しみを感じて、疲れた心に沁みたんです。
で、ネット検索して、ズバリのCDを見つけました!
バイオリンの音色も素敵だけど、もっと優しいんだな、二胡って。
どんな音色かな?と興味を持たれた方がいらしたら、ネット(アマゾンとか)で試聴できますよ(^^)
Category: 病気、病院
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。