スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お試し預かり&自宅シャンプー

またまた久々の投稿となりました。。。
やんちゃぶりに手を焼きながら、日々過ごしています(笑)

すごい写真だけど、8日に自宅でシャンプーした時のシャンプー後のポン太です(笑)
ほんと、何者や!ポメラニアンなのか?!という写真ですねぇ。
我が家にやってきて、数ヶ月は2週間に一度ぐらいのペースで自宅シャンプーをしていましたが、
ある時をきっかけに、プロのトリマーさんにお願いしています。
6月に入ってから、月1のシャンプーじゃ、途中かなり臭うので(笑)、2週間を目安に自宅シャンプーを
復活しています。
で、8日は、6月以降2回目の自宅シャンプーとなりました。
私は、いまだかつてポン太と一緒にお風呂場に入ったことはありません。
パパ担当です。  私は、終わってからの乾燥担当です。
それでも、パパに抱っこされたままで、私が乾燥作業をするのですけどね。

p20090808.jpg
さあ、次は、月末あたりに、プロにお任せしましょう!

もう8月。今週は、いよいよお盆に突入。
13日は、中国地方までお墓参りに行かなくてはいけないので、12日夜から14日の午前中まで
ポン太はペットホテルで預かってもらいます。
前回、ペッツさんで楽しくお泊りできたようで、ほっとしたのですが、1日単位での料金体系が
連続するとお財布に痛いので、今回は、TDSPさんにお願いすることになりました。
ここは、ポン太が我が家にやってきて、初めて無料しつけ教室に行ったところでもあります。
悩んだ挙句、正式なしつけ教室は、別のところでスタートしたんですけどね。

サイトを改めてチェックしてみると、チェックイン時間が7-22というなんともうれしい枠で、
夕方チェックインや午前中チェックアウトは、1日料金の半額となるということで、
一度問い合わせをしてみようと、お電話して詳細をお聞きした。

ネックは、お試し預かりというものがあること。(無料)
TDSPさんは、クレートなどに閉じ込めることはせず、できるだけ屋内のプレイルームや
屋外のドッグランで長時間、他のワンちゃんたちと過ごさせるポリシーのため、
ある程度の社会性が身についているか、人や犬に対しての反応、性格などを
事前にチェックさせてもらって、問題がなければ正式にペットホテルの申し込みができるという
システムになっている。

何はともあれ、お試し預かりをクリアしなければだめだし、ペットホテルの仮予約もできるとのことで、8月1日にお願いした。 日中の約6時間程度の預かり。
日中、何かあったら連絡入れます、とのことで、ドキドキしていたのだけど、
電話がなかったので、お行儀よくみんなと遊べているのねーと思っていた。
そろそろお迎えに行こうと支度をしていると、電話が入る。
取り急ぎ、報告のお電話ですと言うので、えええ!だめだったのか!?と落ち込みながら
対応していると、結論はOKだった。ふーっ。焦ったあ。

預かったばかりの午前中は、クレートの中で、おとなしーくしていたらしく、
お昼から、屋内プレイルームで、30匹ぐらいの大勢のワンコたちと一緒に過ごしたときも、
あまりにもたくさんのワンコに戸惑ったのか、隅の方で控えめにしていたらしい^^;
(いや~、そんなにたくさんのワンコと過ごしたことないもん!)

別にワンワン吠えまくることもなく、ケンカをすることもなかったらしく、また人にもとっても
大好きなようで、ぴょんぴょん飛んでたらしい。
(飛びつきクセがあるんだよねぇ、ポン太は)
抱っこも大好きなようですね!と。
(癖になっているわけではないけど、抱っこ好きなポン太です。パピーのころ抱っこ嫌いで
苦労したものです)

午後になって、天気になってきたので、午前中は雨で使えなかった屋外ドッグランで
場所を変えたら、プレイルームよりもスペースが広くなって、ワンコ同士の密度も広がったこともあるし、慣れてきたのもあるのか、楽しく遊んでいたとのこと。ほっ。

ただ、遊びたい欲求が強いために、かなりしつこく遊ぼ!遊ぼ!と向かっていく行動が、
ちょっとビビリなワンコにはだめだったらしく、逃げ回らせてしまったそう。
要するに、「空気が読めないワンコ」なのです(爆)
(お散歩中でも、そういう行動よくある、ある!)

そういう時とかに、名前を読んでこっちに注目させようとするのだけど、なかなか興奮も冷めず、
気付かないことがあったとのこと。
(そうそう、これが我が家でも大きな課題なのだ!)

先輩犬や、大型犬とかに、たしなめられる時に、かまれたりして怪我をする可能性もあるという
ことも言われました。 もちろん、スタッフ5,6人が、同じスペースで過ごして監視はしていますが、
とのこと。
(ポン太の場合、時々こういう先輩犬にギャフン!をさせられた方が教育上いいと思ってるので、
多少の噛み傷はしかたないと認識してます)

総合的に、ポン太は、人もワンコも大好きで、フレンドリーな子で、いい子でしたよ!という
内容でした。

お迎えに行って、正式にペットホテルの予約をして帰ってきました。
決まった時間に動画配信サービスもあるので(有料)、チェックできる時間があるかもしれないと
思うので、申し込むつもり。

これで、とりあえず、お盆のお泊りは、クリアできて、よかったあ。
本番も、いい子でお留守番してくれますよーに。
本番前に、一度ドッグランで遊ばせてみようと思っていたのだけど、
週末行けず終い。。。








スポンサーサイト

初のお泊り保育

ポン太は、初めての外泊をしました。
パパママが、土曜日に法事のために遠方に出かけるので、前日の夜から日曜日のお昼頃まで
の2泊3日で、預かっていただきました。
パパママは、土曜日の朝5時出発で、その日の夜遅くに帰宅予定でしたが、そんな長時間
家でお留守番させたこともないし、ご飯の時間も大幅に狂うし、サークル内でウンチまみれになっても困るし、ワンワン吠えまくられても苦情が来るし、悩んだ挙句、預けることにしました。
どこに預けるかも悩みました。いつもシャンプーをお願いしているショップ「JOIN US」で、ホテルもされているのだけど、営業時間が10-19時なので、かなりの時間無人というのがネック。
もう1ヶ所、ポン太がしつけ教室を体験したところ、「PFLJ」は、24時間スタッフ常駐というのがとても魅力的! 電話で問い合わせたところ、こちらは1日ごとの料金体系で、夜18時や19時に預けに行っても1日の料金が発生するしくみ。つまり、19時預け、翌日10時お迎えでも、2日分の料金となるわけで、今回は、3日分の料金となりました。

PFLJは、不幸な犬猫たちの保護活動をされているNPO団体で、しつけ教室以外に、保育園もされています。
屋外へのお散歩を1日2回連れて行ってくれるし、室内のプレイスペースで、他のわんちゃんたちと
一緒に遊ばせてくれるし、ペットホテルというよりは、お泊り保育です。

今回、料金は、一般的なショップのペットホテルよりは高いけれど、時間に換算したら
PFLJの方が安いということにもなります。
それに、すべての面において、PFLJに預けて本当によかったと思います!!

ポン太は、元気いっぱい、楽しく、快適に過ごしたようです。
夜寝るときも、我が家のペットキャリー内に入っておとなしく寝たと聞き、ビックリ!
(キャリーに入れて落ち着かないようなら、個室ケージに入れて寝かせますと事前に説明を
受けていました。)
お迎えに行ったときも、プレイスペースに他のわんちゃんと一緒に放されていたのだけど、
なかなかこちらに気付かなかったぐらいですから(笑)
気付いたときも、特別興奮することなく、ワンワン吠えることもなかったポン太。
パパママは、ちょっと複雑な心境だったけど(笑)

今回のお泊り保育で良さを実感したので、少し前から気になっていた日中の保育園通いが
さらに気になっているパパママです。

画像は、お泊り中のトイレなどの記録。 こういうのもとっても助かります。
p20090621data.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。